2018
03.09

ワカラナイ

Category: 夢日記
親戚の飲食店で働いている。
レジの操作をする。
使い方がわからない。
使い方は誰かに教わったはず。
なのにどうやって使ったらいいのか
さっぱりわからない。
店舗はかなり離れた場所と
2つに別れていて。
その会計もここで行う。
歩いて何分かかかる、その店舗から
どうやって接客して
どうやって支払いを行うのか。
てんでわからない。
わからないが、わからないによって
わからないが、深まっていった。
Comment:0  Trackback:0
2018
03.07

人の不幸

Category: 日々是
自分はなんでこんなに不幸で、つらいことばかりなんだ。
そんな思いを消してくれるのは、
この人に比べれば自分はましだ、
世の中にはなんてつらい人がいるんだ、と思う事。
人の不幸は蜜の味。悲しくも。
Comment:0  Trackback:0
2018
03.04

三寒四温

Category: 日々是
今日は暖かい。一時間ほど歩いてきたが、
だるさばかりが残る。
振り出しに戻った。また一からやり直しかな。
医者などという人種はあてにならない。
大昔に身に着けた知識以外は認めない。
プライドばかり高くて、でたらめ。
それとも、この人だって人に巡り合ってないだけだろうか。
家族に悪い影響を与えているか、そうでないか。
桜をみてもときめかない。
春の予感、目覚めの予感はどこへ行ったのだろうか。
三寒四温のように、それはいったり来たりするものだろうか。
天気がいいから出掛けようか。
行きたくもないのに、天気がいいというだけで
義務的にそうおもっているだけか。
Comment:0  Trackback:0
2018
03.02

満月

Category: 春夏秋冬
新月で願った職場復帰は結局延期することにした。
気温上昇とともに復帰への意欲が増し、
今回は行けるなとおもっていたが、周囲の慎重にという
意見があり、ずっと、ずっと悩んできた。
外に出たい、復帰したい、堂々と好きな事やりたい。
これはつくしんぼだ。これは蕗の芽だ。
初春の山菜のように意欲があったのだけど
周囲の客観的意見を聞くことにした。
答えなんかないけど、それを選んだ。
欲求と同時に、漠然とした不安もあった。
だから心から望んだのは、
正反対のことだったのかもしれない。


Comment:0  Trackback:0
2018
03.01

選択

Category: 日々是
悩んで、悩んで、悩んで
周囲の客観的意見に従うことにした。
これでいいのか。
これが最善なのか。
わからない。
どっちを選択しても悩むだろう。
どちらにしても
煮え切らないだろう。
だったらどちらを選んでも同じか。
わからない。
わかんないのだよ。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top