2017
05.09

見たくないもの

Category: 日々是
気になってしょうがないことを気にしないように意識すると、余計に気になってしまう。フォーカスした部分をぼかそうとすれば、余計にすっきりくっきり見える。見たいものを見ている。見たくないものは見ていない。嗚呼。
Comment:0  Trackback:0
2017
05.07

今日

Category: 日々是
連休後半は喉痛から始まり、風邪引きに。いい天気を有効活用したいって助平根性との葛藤です。今朝は頭痛がひどくて、肩こり頭痛なら歩けば直るかと思い、一時間半歩くも関係なし。それでもなんかやりたくて、メダカ鉢の清掃。ひとつの鉢にヤゴが10匹も入っていた。昼に近づき雲ってきて寝るにはいいコンディション。夕方は髪を切ってきます。
Comment:0  Trackback:0
2017
05.01

こだわり

Category: 日々是
こだわりがなければ、さぞかし楽に生きられるだろう。こだわりのない人生はさぞかし味気ないものだろう。どちらもホント。どちらも真実。いい悪いじゃない。そいつらが、仲良く共存してくれたらいいのに。
Comment:0  Trackback:0
2017
04.28

模索

Category: 日々是
マクラが合わない。試行錯誤で、高くしたり低くしたり、いろいろ試しているのだか、しっくりこない。一晩ねてみないとわからない。いいと思っても翌日になると、やっぱり違う。こういうのって、他にもよくある気がする。
藤の花が咲いて、新緑が目立つようになってきた。静かだ。とても静かだ。こんな季節が好きだよ。
Comment:0  Trackback:0
2017
04.25

原罪

Category: 夢日記
古い旧家で葬式が行われることになった。親戚の家らしく、そこに従兄弟か、ふた従兄弟だという男が話しかけてきた。プラスチックでできた玩具を弁償してほしいのだという。自分はその男と初対面であるのだが、以前自分がそれを壊したのだという。壊れたという部分を見せてもらったが、接着剤で直るんじゃないかというレベルであった。まったく馬鹿げた話なのたが、男が執拗に訴えてくるもんだから、自分に非があるように思えてきた。まったく身に覚えはないけど、以前そんなことをしてしまったのかもしれない。自分の中に原罪意識の芽があって、男の手口でその芽を一気に開花させてしまったようだ。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top