--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
05.31

暮らしの知恵

Category: 日々是
高圧的な人間と接する時こそ相手の目を見ろとかつての上司に教えられました。
いつも嫌いな人間と接する時はつい目線をそらしてしまうのですが
最近、あえて目を合わせて話すようにしました。
すると、相手はいつもと勝手が違うのか困惑したようで
話の流れが少しだけ変わりました。
重箱の隅をつつくような文句を言ってきた人がいました。
大騒ぎするような問題じゃないし、僕にはどうにもできない。
こんな時、そんなの相手にするな、と冷ややかな対応をしてきたのですが
今回は話しの流れを相手に聞き直しました。
僕の力ではどうにもならないことだけど相手の不満を聞きました。
しばらくしてその問題が解決したと報告がありました。
どうにもならないけど話に乗ったことが満足だったらしいです。
そういうのはくだらないと思ってきましたが、
こういうのも悪くないなと思い直しました。
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。