死生感

バイクに20年以上乗っていることもあって、いつ死んでもいいなと思うことがあります。日頃の恐怖や不安と対極する思いでもあります。なかなかきれいに死ぬのは難しいようです。半身不随になったり植物人間になって迷惑をかけて無様に行き続けるひとが圧倒的に多いようです。スパッと死にたくても綺麗さっばりアッサリと死ぬことは難しいようです。生きてる以上、死を意識することは避けては通れないことだと思います。そんなことをたまに考えます。
スポンサーサイト
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/06/19 10:00

緩やかに死んでいく

必要以上に寒がりでコタツに根が生えて動けません。
外に出れば暖かいはずの雨も余計に冷たい。
「僕は緩やかに死んでいく」
フリッパーズギターの歌詞を思い出しました。
あと二日の冬至は、死のイメージ。
終わりのイメージ。蘇りのイメージ。
始まりのイメージ。
今年は特にそんな感じがします。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/12/20 17:10

逆光

大寒波。強風に遠慮がちな波打ち際。
冬の海が一番好きかもしれません。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/12/17 08:03

二面性と苦悩

孤独でありたい!孤高でありたい!
俺は俺でありたい!というひとが
安定したい!地を踏んでいたい!
モデルルームのような暮らしがしたい!
みんなと仲良く暮らしたい!
というひとと同居していて
時に権力争いするもんだから
くるしいんです。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/12/01 08:29



水の塊の上に浮かんでいると、
地上の出来事は、なんてちっぽけだろうって思う。


未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/07/29 21:55
 | HOME | Next »